イバコの生存記録

毎日更新が目標。「その日一番考えたこと」を書き留めていきます。

5. log4j2脆弱性への個人Minecraftサーバ対応について

本日(2021年12月10日)午前、Javaライブラリ「log4j2」に任意コード実行可能な脆弱性が発見されたというニュースが流れました。

 

任意コード実行というのは、その端末(PC)上で実行可能なあらゆる操作を行えてしまうという状況です。

これなんですが、Minecraft Java版にも影響しているということで、非常に大きな問題となっています。
一応、公式としては対応済みでLauncherを再起動すれば自動修正されるようですが、サーバの場合はどうなのかとかイマイチ情報が錯綜しています。

というわけで、私が開いていた個人のMinecraftサーバに施した対策について紹介します。

 

起動オプションを追加

とりあえず、こんな情報に当たりました。

 

で、この人は誰なんですかということですが、bioによるとMojang(Minecraft開発会社)の Tech Lead らしいです。なので、情報源としてはそれなりに信頼できそうです。

JVM起動オプションに -Dlog4j2.formatMsgNoLookups=true を追加してくれ」とのことなので、従っておきました。

 

ホワイトリストモードに変更

この機会にログを調査してみたのですが、招待した覚えのないプレイヤーの記録がちょこちょこ残っていました。
ログイン記録は11月ばかりで、数分も経たないうちにログアウトしていました。
適当にアドレスを打ち込んで迷い込んできた説が強いです。

確定ではないですが、今回の脆弱性Minecraft内のチャットが攻撃源になるという情報を見ました。任意コード実行という性質上、割と妥当だと思っています。ということは、ゲームに侵入されなければ問題ないはずです。

というわけで、ホワイトリストモードに変更しました。これでだいぶ安心できそうです。

 

私の場合は個人サーバだったのでこの対応が取れましたが、一般公開されているサーバではそうも行かないので、もう少し情報が出てくるまで止めておいた方が安全そうです。